7269f790856e0e1a0fe59d12ebf7c9e3_s

こんにちは。


この冬も我が家では「メルシーポット」が活躍しました。
これですね。


以前、我がブログでも紹介しています。
 鼻吸い界の救世主「メルシーポット」は家族の見方

これがあるのと無いのとでは幼児の鼻水事情が全然違います。
親子が共に楽になること間違い無し。欲しいものを我慢して買いましょう。

吸引力が出ない


本題です。
メルシーポットでよく起こる問題、それが「吸引力が出ない問題」です。
正確に言うと「少しは吸うが役に立たない」という状況ですね。

皆さんも組み立てた後、コップの水で吸引具合を試していますよね?最高のコンディションでは水を吸う音が違いますから、すぐにわかるんです。全然吸えてないじゃん・・ってことが。

MAXの吸引力以外で鼻に突っ込んでも何も役に立ちませんから、何度も何度も分解→組み立て→吸わない、分解→組み立て→吸わない・・・なんじゃぁこりゃぁ!!と言いながちゃぶ台返しする程イライラしたこともあります。


でももう、そんなことは起こりません。
このポイントさえ抑えれば、私のように上手くいきます。

1.よく洗う
2.しっかり乾かす
3.きっちり組み立てる


あっ、「今更そんなことかよ」って思ったでしょ?
でも本当に大事なことなんです。

1.よく洗う

一度出た吸引力を落としたくはない為、洗うことが億劫になる人もいます。
衛生的に問題ですのでしっかり洗いましょう。

プラスチックカップの縁に2本あるゴムについても絶対に外して洗いましょう。

あと、ホースはキレイキレイ(泡タイプ)のノズルに押し当てて何度かプッシュして洗剤を入れた後、お湯や水でホースの反対側へ流してやります。


2.しっかり乾かす

ここがたぶん最大ポイントです。
風通しの良いところで半日放置・・・・ではありません!!
すぐやめましょう。時間の無駄です。

じゃあどうするのか。

まず水分を拭き取ります。

そして使うのがコイツ

「ドライヤー」です!

タオルや布巾などで部品を包んでその中にドライヤーの先を突っ込んだり、部品を個別に手で持ってドライヤーをあてたりしてしっかりと乾かします。しっかりと。

「カップの縁」と「2本のゴム」については念入りに行ないましょう。熱による膨張効果で蓋との密閉効果が高まるような気がします。

しっかり乾いたら早速組み立てです。


3.きっちり組み立てる

お使いの皆さんなら組み立て方は当然おわかりのはずです。
一つずつ丁寧に、かつ、しっかりと組み立てましょう。

あえて言うなら、蓋をほんの少し回転させながら押し込むとよいかと思います。
垂直に蓋を押すのが基本ですが、カップとゴムが膨張している(と思う)ので閉めにくい為です。

できましたか?

さあ、コップに水を用意して水面に近づけてみましょう。

「ギュクォッーー!」って感じで吸ってくれるのではないでしょうか。 
いざ、子供の鼻の穴へ!!


 

終わりに

子供が風邪を引くことは防ぎきれないことで、自然なことです。
少しでもご家族の苦労が減ってくれたらと思います。