破れた障子

子育てをする上で褒める教育はとても大事ですが、駄目な行為には駄目としっかり教える必要があります。
そんな時、頭ごなしに怒るのはよくありません。しかし・・。

怒ってしまう

私にも日々のストレスにより機嫌が悪いときがあります。
そんな時に
  • お菓子ばっかり食べてご飯食べない
  • 大事な用紙をハサミで切っちゃう
  • おしっこ無いと言ってたのにおしっこ漏らす
  • 上の子が下の子のものを無理やり取って泣かす
  • 壁やフローリングが傷つくようなこをする
  • ふざけていて、こぼすぞと注意したのに汁物をぶちまける
  • せっかく畳んだ洗濯物を無茶苦茶にする
このようなことが発生すると、怒らずにいられません。
意外と自分が怒りっぽいことに気が付きます。

ご想像の通り、この後は当然ながらカオスな状況にしかなりません。
 

スポンサードリンク


出来るわけがない

「どうしてこんなことするの!」
「どうしてさっき注意したのに!」
「どうしてちゃんとできないの!」


また怒ってしまったなぁ・・・

子どもの寝顔を見ていると、なぜあんなに怒ってしまったんだろうと反省しか出てきません。

そして自問自答しました。

「お前(パパ)は自分が2歳や3歳の頃に、何もこぼさず、何も傷つけず、全ての言うことをきちんと聞いて怒られない完璧超人だったのか?」

い、いいえ・・・

「お前(パパ)は少しずつ学習して、少しずつ習得して、成長してきたのではないのか?」

そ、そうです・・・


という感じで、ぐうの音も出ません。
(涙はポロッと出ましたが)


そう、子どもは【出来なくて当然】なんですよね。
そしてだんだん出来るようになるから、出来た時に目一杯褒めてあげる。
そういう良いスパイラルをいつも心がけるようにしていきたい。
ほんとにそう思います。