ビビディ4

関西人が子供を連れて行ってきましたTDL。
ええ、もうそりゃ疲れましたよ。
終わり。

じゃなくて・・・
今回は記念に「ビビディ・バビディ・ブティック」を利用してきました。

ビビディ・バビディ・ブティックとは

ディズニーランドホテルに併設されている施設で、子どもがプリンセスに変身することができます。
ドレスに着替えて、メイクやヘアスタイルなどを整えた上でディズニーランドを楽しむわけです。

キャスト達がプリンセスを見つけると「こんにちはプリセンス」と積極的に話しかけてくれ、子供もご満悦です。
この「ビビディ・バビディ・ブティック」、もちろん有料(3つのプランあり)で事前予約も必要です。


予約が大変

1か月前から事前予約が可能で専用のWEBサイトから予約するわけですが、これがまた凄まじい争奪戦です。朝9時から予約開始し、すぐにサイトは激重で数十秒で予約は埋まってしまうのです。

ビビディ2


私の実体験から予約に関するコツを書いておきたいと思います。

コツその1

有線回線(LAN)で接続された高スペックなパソコンで申し込みしましょう。
無ければ仕方がないですが、1ミリ秒でも速くサイトへ接続する為です。
インターネットカフェなどもオススメです。


コツその2

予約開始日よりも以前に何度か練習しましょう。
ユーザー登録を済ませておき、申し込む直前くらいまで進めて”感じ”を掴んでおきます。混み具合も体験できます。

予約開始日の当日はログインして待機。
クレジットカードも必ず用意しておきます。


コツその3

争奪戦へ参加し、予約可能の丸印が見えたら迷う前にクリックしましょう。
迷った時点で負けは確定です。

ただし、XXX○○○という感じで見えた場合にあなたはどうしますか?
(左へ行くほど早い時間帯)

きっと×の隣の○をクリックしていることでしょう。当然です。
皆、長い時間プリンセスでいる為に早く着替えて出かけたいのです。

しかし、よく考えて下さい。
争奪戦ですよ?

まだ予約してない人が殺到するところはどこですか。
そう、×の隣の○です。

そんな確率の低いところではなく、すこしだけ右の時間帯を遅くした○をクリックすることで予約できる確率はかなり上昇しますので覚えておきましょう。

スポンサードリンク

コツその4

満足できる時間帯が予約できていればよいですが、そうでない場合は予約日前日まで頻繁にログインして確認しましょう。
キャンセルにより自分よりも早い時間があく場合もあります。

実際に私は14時台 → 13時台 → 12時台 と変更することができました。

コツその5

当日、ビビディ・バビディ・ブティックに直接電話しましょう。

047-381-3655

皆様体験している通り、子供というものは体調が急に変化します。
そのため、意外と当日キャンセルする人がいるのです。

私が電話した時には予約した時間よりも速い時間が2枠空いており、結果、午前中からドレスで楽しむことができました。


ということで、皆様も楽しいTDLライフを。