節約
携帯やスマホの料金は固定費として毎月家計にダメージを与えていますよね。
その分ガンガン働いて稼ぐという方法もありますが、まずは固定費の節約が大事なことは周知の事実。
そこで私は最近docomoから格安SIMのmineo(マイネオ)に乗り換えました。
(少し長いですが、一番下にお得情報も載せてます!)


3大キャリア(docomo・au・SoftBank)は金の亡者

まず、”法外なパケット定額料金が設定されています。そして最近では電話する人が減ったにも関わらず電話かけ放題プランの抱き合わせ。そして2年縛りと解約金

解約金に関しては、「契約満了月の翌月」とかいう非常にわかりにくい言葉でかつ、解約金が不要で変更可能な期間をたった1か月間しか設けない。それを過ぎると自動更新されてまた2年縛りが始まるとか消費者を馬鹿にしてます。

2016年1月時点の情報で、上記期間を2か月間にするという話があるみたいですが・・違うんですよ3大キャリアさん!消費者のことを考えるなら2年経過したらその後はいつでも無料で変更可能にするべきでしょ!

(追記)
確かに2年後以降、無料で解約できるようになったようです。
だがしかし、料金が若干上がったプランを契約しておく必要があるみたいです。ということはですね・・・【解約違約金を前払いさせよう】というクソみたいな魂胆です。
そして、2年後に解約しなかったら一般的な解約金よりも払うことになり、どんどん損するというクソっぷりw


あわよくば自動更新。あわよくば解約金。これが3大キャリアの考え方です。

スポンサードリンク

mineo(マイネオ)とは

いわゆる3大キャリア(docomo・au・SoftBank)以外のキャリアで、関西電力系列の「ケイ・オプティコム」が運営しています。ケイ・オプティコムはインターネット回線の「eo光」を展開していて関西圏の人なら誰でも知っていると思います。
ではなぜ安いのか。企業努力もあるでしょうが基本的に店舗を持たない為、その人件費も不要なことが大きいのではないかと思います。


mineoのメリット(とりあえず4つ)

1.docomo回線とAU回線
格安SIMは独自で回線を持っておらず、実際には3大キャリアの回線を借りています。mineoは業界発のdocomoとauの両方の回線を使うことができるマルチキャリアとなっています。
したがってdocomoからmineoに切り替えても、私が使う回線自体はdocomoなので電波に関する体感としては何も変わらずに使用できています。 (実際の回線品質は3大キャリアと同じではない)

2.安い
docomoと契約していた時は、月々7,000~8,000円程度でしたが、mineoに切り替えてからは月々1,600円程度になりました。
選択したプランは音声通話とデータ通信3GBです。
妻も変える予定ですので、二人合わせて年間で約120,000円も節約できることになります。12万ですよ!これは大きい。
docomoプラン

3.パケットシェアとフリータンク
もし妻がauを使っておりAU回線を使うプランでmineoに切り替えたとしても、docomo回線の私と「パケットシェア」できるのです。回線業者の垣根を越える素晴らしい内容です。

さらに画期的なのが「フリータンク」。これはヤバイです。
なんと全国のmineoユーザーでパケットをシェアできるんです。
パケット残容量が足りなくなったらフリータンクから出す(月最大1GB)。
余ったら入れとく。
フリータンク

4.節約スイッチ
mineoのアプリで、節約スイッチというものがあります。
スイッチをONにすると回線速度が低速になりますが、パケット残容量は全く減りません。
低速といっても、通信が始まった一瞬だけは高速通信(バーストモード)されますのでメールなどのチェックにはまったく困らないでしょう。
スイッチ


 これら以外にも(複数回線割、LaLaコール、docomo-au間プラン変更など)メリットは色々ありますが、このくらいにしておきますね。


お得情報

■申し込みに関してその1

Amazonなどで事前にエントリーコードを買っておきましょう。
申込時にコードを入力することで、契約事務手数料3,240円が0円になります。
実際はAmazonの支払があるので3,240円が972円ですね。

■申し込みに関してその2

申し込みは、この紹介ページから行いましょう。
Amazonギフト券が1,000円もらえます!申し込み
※2016年3月31日(木)まで。


最後に

節約した分で貯金するもよし、旅行行くもよし、子どもの絵本買うのもよし。
これは本当にオススメですよ。