バツポーズ

先日、第二子の保育園(一斉)面接に行ってきました。
役所で申込内容を審査されるような感じですかね。

昔は泣き落としや演技で訴えるなんてことも普通だったようですが、現在ポイント制になっていて公平な判定がされるように(一応は)見受けられます。

当日は妻が風邪を引いていたので代わりに行きましたが、参加者は概ね「ママ&子ども」です。少々居づらいとは思いましたが、実は第一子の時も私が参加しているので雰囲気はわかっています。

そして第一子のときの面接官は”おじさん”でしたが、今回は”おばさん”でした。
根掘り葉掘り聞いてきて、印象としては”おじさん”の3倍くらい質問されたように思います。

きょうだい(兄弟姉妹)が別々の保育園の可能性

面接官とのやり取りの中で場合によっては、きょうだいが別々の保育園になる可能性があることも示唆されました。そう示唆しておくのも業務なんでしょう。

まあハッキリ言って、ありえませんけどね。

こう言うと「私は別々の保育園に行かせて頑張った」「贅沢言うな」とか聞こえてきそうですが、何が言いたいのかというと

市の保育園のルールを統一してから別々案を提示しろよ

と言いたい。 

スポンサードリンク


開園時間帯、延長保育、持ち物、給食、弁当、カリキュラムなどが全ての園で異なり、サービスに差がある状態では間違うし、面倒だし、比較して不満が出る。
また、行事・懇談会・保護者会などが被って参加できなくなるし、両方の園で役が当たったらその負担は計り知れない。

そして、そもそも朝の送迎の大変さをわかっていない。
特に豪雨の日とかやばいですよね。こっちは忙しくて保育に欠けるから保育園に預けるわけで、別々の保育園に送迎する暇はありません。

まあ最近は、きょうだいが既に希望する園に入っていると調整ポイントが加算されるように変わってきている点と、定員と申し込み人数から判断して我が家はおそらく入れるとは思います。
入れなかったら・・・裏ワザを使うしか無いな。(なんだそりゃ)

余談ですが、カバンとか手作りを強要する風習って何でしょうね。やめるべきです。忙しいんだってば。それに皆が手作りできる腕を持ってないでしょ。で、手作り風を買ったり知り合いに頼んだり、ネットでそういうのを商売にしているサイトで注文する。それって誰得?業者?