シャワー

2016年あけましておめでとうございます。
(少しサボリ気味だった・・・)

お湯の温度

さて、大体どの家庭にもあるであろう給湯器。お湯を作ってくれる便利なやつですが、何も設定しないと温度調節レバーを高温側へ回せば回すほどお湯の温度が高くなります。
それはそれで当たり前で、便利なような気もします。

こういうやつですね。
1

しかし子育て世帯には、非常に危険です。

子どもが2歳にもなると色々わかってきて、周りのものを全て触って試してしまいます。その為、うっかり回してしまい非常に高温なお湯でやけどをしてしまう可能性があるのです。

赤いポッチ(ボタン)があるから大丈夫だろって?

ええ、皆知っていますね。ストッパーです。しかしボタン好きな子ども達には逆効果です。
むしろボタンの類は押しまくりなのです。


説明書を見ないとわからない

そこでタイトルの話になるわけです。
給湯器のリモコンを見てもそのような表示やボタンは無い為、ずっと知らないままでしたが説明書にはきちんと記載されていました。
2
うーむなるほど、直感ではできない操作だな笑。

導入時に説明書は読んだが、その時は必要としていなかったので気にも留めなかったんだろうね。
早速設定して試したが、どれだけ高温にひねっても最高温度までしか上がらないから非常に安全だ。

機種にもよるだろうが、一度チェックして損はないと思う。
何かあってからでは遅いのだから。