地蔵

関西以外には全く通じない風習

地蔵盆とは

難しいことは置いておくとして(特に京都で盛ん)言ってみれば「町内の祭り」ですね。
8月23日くらいに開催されます。

町内の路地に地蔵があり、その地蔵周辺に大きなテントを張りゴザを敷く。
路地なので車も入ってこないので安全です。
そしてお坊さんに拝んでもらう形です。

ただそれは大人の話であって、メインは子供です。

おやつの時間、ヨーヨー釣り、スイカ割り大会、かき氷、ゲーム大会などなど色々な催しが時間毎におこなわれ、楽しく過ごすわけです。

町内の高齢の方や、おじさんおばさん達と一緒に交流を深めることで地域における子どもたちの安全確保に貢献してきたイベントではないでしょうか。

世の中、子供にとって危険な事件も多数起こっています。
複数の大人で、子どもたちに目が届くことが重要ではないでしょうか。

他府県でも地蔵盆的な何かを実施して交流を深めることは、とてもよいことだと思うのでぜひ開催してもらいたいものです。ハロウィン広めてコスプレ大会してる場合じゃないですほんと。

そもそも関西以外には頻繁に地蔵がないので代わりを考えないといけないのですが、地蔵盆という名前では中々難しいでしょうね。節分の日に太巻き寿司を食べる習慣も、上手く名前を変えて「恵方巻き」として華麗に羽ばたいていったように。

「町内祭り」

うーん・・だめだ、いいネーミングが思い浮かばない。

水子地蔵 いとしの(小)
水子地蔵 いとしの(小)