子ども自転車

自転車乗れると楽しいですよね


まずはバランス

「補助輪」懐かしい響きです。補助輪外して、親父に後ろ持って押してもらう。
そんな練習をして皆乗れるようになってきたはずです。

でもね、その練習方法が間違ってるんです。

そもそも「自転車に乗る」為には3つの要素が必要です。
  1. 前を見る
  2. バランスを取る
  3. 両足で漕ぐ

いきなりこの3つを同時に身につけようなんて無理な話です。
だから中々乗れないんです。

練習のコツは、まずバランスだけ練習する。これです。
もちろん前を見ながら。

一番いいのはペダルを外してしまうことです。
最近でこそ、この練習方法が浸透してきてペダルのない自転車もあるようですね。


ゆるーい坂をペダルのない自転車で下るんです。バランスを取りながら。
これが問題なくできるようになったらこっちのものです。

あとはペダルを漕いで練習すればあっという間に乗れるようになります。
何事も一歩ずつ前進することが大切ですね。